入室に関して

心的外傷後ストレス障害(PTSD)という言葉はご存知でしょうか?

地震、洪水、火事のような災害、または事故、戦争といった人災。いじめ、テロ、監禁、虐待、強姦、体罰などの犯罪、つまり、生命が脅かされたり、人としての尊厳が損なわれるような多様な原因によって生じうる。など。多種多様な日常の問題に原因があったりもする。

※wikipediaより抜粋

病死、自殺、自然死、孤独死等で亡くなられた場合の特殊清掃の現場では、PTSDになる要件を満たしております。

ご遺族の方はもちろんのこと、マンションの管理人様等が後々苦しまれている話を沢山伺います。

実はこのPTSDにおいて「こうすれば大丈夫!」と言った予防法はありません。

人によって感じ方も様々ですが、悩んでおられる方がよく言われる事をいくつかご紹介いたしますので、参考にしていただき「どのタイミングで入室するか?」をお考えください。


1 痕跡が残っている段階で入室される
自殺、他殺などで多いケースです。
床等に亡くなられた際の姿が残っていたり、苦しんで壁等を掻きむしったりした後がある場合があります。

生きていた痕跡を見て忘れられなくなったり、感情移入していまい、無気力になってしまう事もあります。

※「どうしても入室したい」とご希望の場合は、ご相談いただければ、ブルーシートで覆う等の対応をしております。


2 死体を目撃する
実は死体を見るケースはごく稀にしかありません。

また万が一目撃したとしても、テレビドラマや、映画のような綺麗な死体とは限りません。

目撃例で一番多いのは、原型をとどめていない場合等が多く、フラッシュバックに悩まされる事が多いようです。

生存確認の際は、ご家族や、警察など立会をオススメしております。

また、当社へご連絡頂ければ立ち合いの同行もしております。


3 死体臭に悩まされる
PTSDとまではいかない場合が多いですが、ほぼ全員の方が悩まれるケースです。

「寝て寝がえりを打つと自分の枕から死臭がしているように感じる」
など、度合いによりますが全く初めての場合だと、2日~20日間程度悩まれます。

初期段階では、防毒マスクをしていても、臭いを防ぐことに関しては気休めにしかなりません。

そのため、入室される場合は特殊清掃の最終段階が良いでしょう。

遺族の方からしますと、亡き故人への様々な思いから、掃除や供養を御希望なさいますが、故人の方も遺族の方の健康と発展を願っていると思います。

あまり無理せず、岡山特殊清掃110番のスタッフにお任せ下さい。

岡山特殊清掃110番サービス対応エリア

岡山県特殊清掃110番サービス対応エリア
岡山市北区|岡山市中区|岡山市東区|岡山市南区|

倉敷市|津山市|玉野市|笠岡市|井原市|総社市|

高梁市|新見市|備前市|瀬戸内市|赤磐市|

真庭市|美作市|浅口市|和気町|早島町|里庄町|

矢掛町|新庄村|鏡野町|勝央町|奈義町|

西粟倉村|久米南町|美咲町|吉備中央町

自殺現場、孤独死現場などの痕跡を完璧に消すまで特殊清掃を専門知識とノウハウで行います。

想像を絶する腐敗臭、腐乱臭の消臭脱臭、汚染物による感染を防止する消毒作業、発生してしまった害虫の駆除などお任せください。

岡山県内地域密着でご相談を承っておりますので、どうしたらよいかお悩みでしたら、まずはご相談ください。解決策を一緒に考えましょう。

>>電話相談の前に必ずこちらをクリックしてください。<<

岡山特殊清掃110番のお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ