失敗しない特殊清掃業者の選び方

近年において、遺品整理業者、特殊清掃業者が増えてまいりました。
ご依頼者様が最終的に損しないように、「業者の選び方」にも十分にご注意ください。

私たち業者目線ではありますが「特殊清掃業者」として信頼出来るポイントを3つ紹介いたします。

この3つのポイントさえ抑えておけば、ご依頼者様が最終的に安心して依頼出来る業者であると判断出来るでしょう。


1 法令を遵守しているか?
遺品整理はご遺族様で行うか業者に任せるかを選択することができますが、ご遺族様で整理する場合、分別が難しく、非常に手間がかかってしまう場合があります。

遺品整理業者に依頼する場合、注意しなければならないのが、きちんと法令を順守して業務を行っている業者かどうかという点です。

近年のリサイクル料の値上げなどにより、リサイクル料をもらった上で、まとめて不法投棄するという悪質な業者が出てきています。

また、整理して不用となった品物は一般廃棄物です。
中には何も考えず産業廃棄物として埋め立ててしまう業者もいます。

一般廃棄物である家財を産業廃棄物として扱うのは違法です。
万が一依頼した業者が違法行為を働いていた場合、ご依頼者様にも罰せられる可能性もあります。

安ければいいということではなく、きちんと法令を順守している遺品整理業者を選ぶことが、 ご依頼者様を守る上でも、故人を思う上でも大切なことです。

※産業廃棄物収集運搬許可、古物商許可は必須と言えるでしょう。


2 明確な料金体系か?
ご遺族様の費用面での不安を軽減するため料金目安を明示しています。

例えば、間取りが1Kで作業員が○名、○○円からと、具体的な料金プランが掲載されています。

正確な見積もりを提出することによって、作業後に追加費用が発生しない配慮がされていれば安心できます。


3 納得できる対応か?
特殊清掃はご遺族様に代わって、私たちがさせて頂きます。

その作業は、確かに困難で、大変な作業です。
作業代は安くはありません。

しかし、ご遺族様の精神状態、緊急を要する事を逆手に取り、法外な金額を請求する業者が存在します。

作業内容と作業金額が納得できるまで説明を受けて、「任せて安心できる!」と思うまで承諾してはいけません。

ご注意ください!

  • ご近所で何か変なニオイがする・・・。
  • もしかしたらご近所の方が亡くなっているかも・・・
  • 連絡がないので部屋を開けてみるとすでに亡くなっていた・・・

このような事態に遭遇した場合、特殊清掃をご依頼される前に、ご注意して頂きたい点がございます。


まずは警察に届ける
事件性の確認や、感染症予防のため、まず第一に、ご遺体を発見されたら警察に届けてください。

警察が到着すると、第一に現場の保存・現状確認ということでご遺族を含む一般人の立入りは不可能になります。

自然死なのか他殺なのかを判別するために検視を行います。
この期間は4日~1週間。警察以外は立入ることはできません。


ご自身での作業は極力避ける
感染症予防のためご自身での作業は極力控えた方がいいかもしれません。

確かにご自身で全ての作業を行えば、「安く」済みます。

専門知識があれば別ですが、何の知識も持たずにこうった現場の清掃を行うと、感染症により悲惨なことになりうることもあります。

「感染症」は非常に危険です。

死後48時間以上経過すると、人体の腐敗が始まります。

死体が腐敗すると、臭いはもちろん、感染症なども発生してきます。
ですから、ご遺体を発見した場合には、できるだけご遺体に触れないことが大切です。

※岡山特殊清掃110番でも、立ち上げ当初軽装で作業していた際に感染症にかかり、約1週間入院してしまいました。


岡山特殊清掃110番サービス対応エリア

岡山県特殊清掃110番サービス対応エリア
岡山市北区|岡山市中区|岡山市東区|岡山市南区|

倉敷市|津山市|玉野市|笠岡市|井原市|総社市|

高梁市|新見市|備前市|瀬戸内市|赤磐市|

真庭市|美作市|浅口市|和気町|早島町|里庄町|

矢掛町|新庄村|鏡野町|勝央町|奈義町|

西粟倉村|久米南町|美咲町|吉備中央町

自殺現場、孤独死現場などの痕跡を完璧に消すまで特殊清掃を専門知識とノウハウで行います。

想像を絶する腐敗臭、腐乱臭の消臭脱臭、汚染物による感染を防止する消毒作業、発生してしまった害虫の駆除などお任せください。

岡山県内地域密着でご相談を承っておりますので、どうしたらよいかお悩みでしたら、まずはご相談ください。解決策を一緒に考えましょう。

>>電話相談の前に必ずこちらをクリックしてください。<<

岡山特殊清掃110番のお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ